アイキララの正しい使い方

アイキララ効かないはウソ!正しい使い方

アイキララがどんなに良いものでも、使い方を間違っていると本来の良さを実感することができません。
「アイキララは目の下に塗るだけでしょ?」
と思われるかもしれませんが、実は正しい使い方のちょっとしたひと工夫があるんです。
この裏技を使うことによってより実感度が高まりますよ!

 

 

1.アイキララをつける前の「温め5秒」
まず、なじませる前のひと工夫があります。
1回分(1プッシュ)を手の甲にのせて、薬指の腹で押さえるようにしてクリームを5秒程度温めます。
手の甲で人肌に温めることで、肌への浸透が角質層までよりアップします。

 

2.アイキララをなじませる時は「薬指の腹」で
次はアイキララをなじませる時のひと工夫です。
目の周りは皮膚が大変薄いため、ゴシゴシとお悩みの箇所に塗ってしまうのは正しい使い方ではありません。
余計な力がかかりにくい、薬指の腹を使って、上からトントンと優しくなじませ、クリームが馴染んできたら、薬指の腹で外側に向かって優しくクリームを伸ばします。
この時、目がしらや目尻からクリームが入らないように気を付けてください。

 

3.アイキララの使用は「毎日コツコツ」
肌の細胞が入れ替わる周期は約28日と言われています。
そのためふっくらした明るい目元を手に入れるには、肌の周期が3周する3か月以上はコツコツ使い続ける必要があります。
朝、夜1日2回の目元ケアとして毎日アイキララを正しい使い方で使用してみてください。

 

以上の点を踏まえて、アイキララの正しい使い方をすれば、「消えない目の下の悩み」を根本解決できるでしょう。
アイキララを正しく使用することで、スポットライトを当てたような明るい目元を実感できるでしょう。

 

アイキララの詳しい詳細は下記からお確かめください!